読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Révision Du Livre

平和を愛する男がチョイスするブックガイド

「2016年9月の読書リスト」

今月、我が家に最新鋭のBDレコーダーがやってきた。今まで使っていたレコーダーのDVDディスクが壊れたので買い換えたのである。 今まで使ってきたレコーダーは、今まで使ってきたテレビが故障し、5年前に液晶テレビ(人生初の液晶テレビである)とともに購入…

「2016年8月の読書リスト」

オリンピックと甲子園という、国内外のビッグスポーツイベントが終わり、今年も9月に入った。 まだまだ暑い日が続くが、日本、そして日本の政治は終わったような気がしてならない。 今回の参議院選挙と都知事選の結果を見て、極右・復古派はしめしめと思って…

「冷たい校舎の時は止まる」

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫) posted with ヨメレバ 辻村 深月 講談社 2007-08-11 冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫) posted with ヨメレバ 辻村 深月 講談社 2007-08-11 本作は、第147回直木三十五賞(直木賞、2012年上半期)を受賞した…

「2016年7月の読書リスト」

毎年この時期のメディアは、高校野球で勝手に騒ぐので、鬱陶しくてしょうがない。私が購読している新聞の地方欄は、高校野球予選の期間中、必要最低限のデータしか載せないからまだ我慢できる。しかし主催社の朝日新聞をはじめ大メディアは予選開催中、来る…

「クララ白書&クララ白書パート2」

クララ白書 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52C) 著者 : 氷室冴子 集英社 発売日 : 1980-01 ブクログでレビューを見る» クララ白書 ぱーと2 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52D) 著者 : 氷室冴子 集英社 発売日 : 1980-01 ブクログでレビューを見る» 1980年代…

「2016年6月の読書リスト」

早いもので、今年も半年が過ぎた。今年(2016年)は参議院選挙がある。今回の選挙でどんな結果になるのか、正直言って怖い。皆様ご存じの通り、与党は今回の選挙で全議席の2/3を占めることを目標にしている。そうすれば、安倍政権の悲願である「憲法改正」の…

「資本主義と自由 」

資本主義と自由 (日経BPクラシックス) posted with ヨメレバ ミルトン・フリードマン 日経BP社 2008-04-17 Amazon 図書館 この本は、世界中に貧富の差を拡大させる原因を作った「グローバリズム」の理論的支柱であり、ブッシュ政権下で多大なる影響力を持っ…

「2016年5月の読書リスト」

今年も6月がやってきた。今週、気象庁は九州から東海地方が梅雨に入ったことを告げた。既に沖縄は梅雨に入っているが、震災の後遺症から未だに立ち直れない熊本県民にとっては、この上なく鬱陶しい梅雨になることは確実だ。全ての被災者が、仮設住宅には入れ…

「紀伊國屋書店新宿南店閉店へ」

私はゴールデンウィークに、紀伊國屋書店新宿南店(以下「南店」)を訪れた。店内にはお目当ての本を求めて大勢の人で賑わっていたので、巷間囁かれる「出版不況」というのはさほど感じなかった。 だが、その影で危機は深く静かに進行していた。それがこの記…

「2016年4月の読書リスト」

今年も1/3が経過した。(←「昨年と同じ書き出しじゃねーか!」というツッコミはヤボというものです。ここの管理人さん、それほど頭はよくないので) だが昨年同様希望の光が見えないどころか、日本は本当に破滅するのでは?という恐怖が日ごとに増してくる。…

「二十歳の原点ノート 十四歳から十七歳の日記」

二十歳の原点ノート [新装版] 十四歳から十七歳の日記 posted with ヨメレバ 高野 悦子 カンゼン 2009-03-12 Amazon 図書館 1969年6月24日未明 京都市内を通る山陰本線を走る貨物列車に 一人の若い女性が飛び込み自殺した。 死後、彼女の下宿の部屋から 10冊…

「アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?」

アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか? posted with ヨメレバ スーザン・ジョージ 作品社 2008-09-30 Amazon 図書館 2008年に行われたアメリカ大統領選において、民主党候補バラク・オバマが勝利を収めたことに、安堵の声…

「2016年3月の読書リスト」

無我夢中で世間の荒波を乗り越えていたら、あっという間に4月である。今年も⅓が経過したということである。だがその実感はない。 それにしても、次から次へと国民に喧嘩を売っている安倍政権に呆れてしまう。今度は「保育所」の問題で爆弾が破裂した。 保活…

「ブタカン!~池谷美咲の演劇部日誌~」

ブタカン!: 〜池谷美咲の演劇部日誌〜 (新潮文庫nex) posted with ヨメレバ 青柳 碧人 新潮社 2014-10-28 Amazon 図書館 本作は、高校の演劇部をメインにした青春小説というべき作品であり、裏表紙に記載されている「ミステリー」という文言は、小道具の一つ…

「2016年2月の読書リスト」

「明けましておめでとうございます」という時候の挨拶から、あっという間に2ヶ月が経過した。今年も1/6が経過したということになる。 年明け早々に国会が開会してからというもの、大臣・与党議員のスキャンダルや問題発言が頻発した。先月書いたように、あま…

「世界金融危機 」

世界金融危機 (岩波ブックレット) posted with ヨメレバ 金子 勝,アンドリュー デウィット 岩波書店 2008-10-07 Amazon 図書館 弊ブログ読者にも、2007年に発生したサブプライムローン問題がもたらした、経済混乱を覚えていられる方も多いだろう。本書はこの…

「2016年1月の読書リスト」

あ・あ・あ……や〜れやれ、という感じである。 TPP推進など、安倍内閣の経済政策の司令塔として動いていた甘利明・内閣府特命担当大臣が、不祥事で大臣辞任に追い込まれた。不祥事の規模からいっても、これまでだったら内閣総辞職レベル、それでなくても衆議…

「戦争に強くなる本 入門・太平洋戦争―どの本を読み、どんな知識を身につけるべきか」

戦争に強くなる本 入門・太平洋戦争―どの本を読み、どんな知識を身につけるべきか posted with ヨメレバ 林 信吾 経済界 2001-08 Amazon 図書館 小泉内閣が発足した2001年、日本国内は一冊の教科書をめぐって、国内を二分する大騒動になったことを、みなさん…

2015年12月の読書リスト

当ブログを訪問してくれる皆様、明けましておめでとうございます。 このような無名ブログをいつも訪問していただき、いつもありがとうございます。 旧年中はお世話になりました。 本年もよろしくお願い申し上げます。 ・・・という時候の挨拶もはばかれるよ…

「2015年11月の読書リスト」

あああ、今年も終わってしまう。 生活が楽になる見通しもない。もちろん、私みたいな生活力に乏しい「中年男子フリーター」みたいな人間に恋を囁く、奇特なオンナもありゃしない。 遊びたくても、オシャレをしたくても、はたまた諸々の活動をしたくても、先…

「小さな大学の大きな挑戦―沖縄大学50年の軌跡」

この大学の歩みは、沖縄県の歩みそのものだ。 彼らの苦労が報われる日は来るのだろうか。 小さな大学の大きな挑戦―沖縄大学五〇年の軌跡 著者 : 沖縄大学五〇年史編集委員会 高文研 発売日 : 2008-05 ブクログでレビューを見る» 「地域に根ざし、地域にに学…

「2015年10月の読書リスト」

気がつけば、今年もかレンダーがあと2枚という時期になった。本当にあっという間である。 「あっという間」といえば、この国の「戦前化」も急スピードで進んでいる。先日も某書店チェーンが企画したフェアに「ネトウヨの抗議が殺到し、フェアが中止になる事…

「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」

彼は「氷河期時代を代表するフリーライター」を自称するが、彼みたいな人間が「氷河期世代」の代表だと思われてはたまらない。 これは明くまでも、筆者自身の「恨み辛み妬み僻み憎しみ」をまとめたものであると思った方がよい。 早大を出た僕が入った3つの企…

2015年9月の読書リスト

国民の猛烈な抵抗を押し切り、とうとう希代の悪法「安保法案」は成立してしまった。 与党はこの法案の成立のために、これまで丁寧に積み重ねてきた、国会内での管領や必要事項を無視するという暴挙。SEALDsを中止とした反対派も成立間際まで反対の声を上げつ…

「モア・リポートー女性たちの生と性」

女性たちが社会に与えた、衝撃の告白。 その内容は、発光から30年以上経った今も十分生々しい。 モア・リポート―女たちの生と性 (集英社文庫) 著者 : モア・リポート班 集英社 発売日 : 1985-12 ブクログでレビューを見る» 雑誌で女性のヌードをはじめて目撃…

2015年8月の読書リスト

2015年8月30日は、日本の市民運の歴史に、新たな1ページを加えることになるだろう。 当日は時折小雨交じりになるという悪天候にもかかわらず、老若男女12万人が国会に集結した。もちろん「安保法案廃案!」を叫ぶために。雨が降っても10万人以上が集結したら…

反貧困の学校―貧困をどう伝えるか、どう学ぶか

この本が出てから7年経つが、生活保護者の状況は当時より悪くなっているのはなぜなのだろう? 反貧困の学校 著者 : 明石書店 発売日 : 2008-09-30 ブクログでレビューを見る» 2008年3月29日、東京都内のとある公立中学校で「貧困撲滅」を訴えるシンポジウム…

2015年7月の読書リスト

国民及び野党の猛烈な反対を押し切り、安倍政権が推し進める「安保法案(またの名を「戦争法案)」は、与党の数の力の前にあっけなく成立した。おそらく安倍政権は、衆議院で一度可決してしまったら、後は参議院での審議が滞っても「60日ルール」を使って、…

「2015年6月の読書リスト」

どうやら国民も、安倍政権の正体に気がついたようだ。 きっかけは国会の憲法調査会で、自民党推薦の憲法学者が「今国会に上程されている『安保法案』は憲法違反である」と明言したこと。 これをきっかけに、憲法学者を中心にありとあらゆる学者が「安保法制…

「イニシエーション・ラブ」

イニシエーション・ラブ (文春文庫) posted with ヨメレバ 乾 くるみ 文藝春秋 2007-04-10 Amazon 図書館 「ラスト二行で印象が変わる」というキャッチコピー」を信じて読み進めたが、最初のうちは、よくある恋愛小説だと思っていた。ところが読み進めている…

「建築家、走る」

世界的建築家の、建築界に対する警告の書。 さて関係者は、彼の諫言をどう受け止める? 建築家、走る 著者 : 隈研吾 新潮社 発売日 : 2013-02 ブクログでレビューを見る» 毎日忙しく世界中をかけずり回る、世界的建築家・隈研吾のインタビュー集である。この…

「2015年5月の読書リスト」

安倍晋三は、どうしても自衛隊を海外に送り出したいらしい。 その背景にあるのは、外務省が抱えるトラウマ。 20年以上前の1991年に起こった湾岸戦争。ご存じの通り、日本は憲法九条がネックになり、自衛隊を海外に派遣することができなかった。そのかわりに…

「酔うために地球はぐるぐるまわっている」

本書で取り上げられているのは、ほとんどがビールとウィスキー。 日本人だから、日本酒の話題をもっと取り上げろっての! 酔うために地球はぐるぐるまわってる 著者 : 椎名誠 講談社 発売日 : 2014-05-23 ブクログでレビューを見る» これまで数多くの著作を…

「名門高校人脈」

名門高校人脈 (光文社新書) 著者 : 鈴木隆祐 光文社 発売日 : 2005-08-17 ブクログでレビューを見る» 「あの有名人とこの有名人は、大学の同期(または先輩・後輩の関係)」という話はあちこちで交わされるが、「高校の同期(または先輩・後輩の関係)」とい…

2015年4月の読書リスト

5月になったよ。 今年も1/3が経過したよ。 暦の上ではまだ「春」のはずなのに「夏日」「真夏日」になったところがあるってよ。 日は延びたのに、希望の光が差し込む気配がまるでないよ。 この国の最高権力者は「花見だ」「訪米だ」と浮かれ気分でいるけど、…

「ソロモンの偽証第三部 法廷」

いよいよはじまった「学級内裁判」。 「事故」か「事件」か。 「自殺」か「他殺」か。 「有罪」か「無罪」か。 ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫) 著者 : 宮部みゆき 新潮社 発売日 : 2014-10-28 ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫) …

2015年3月の読書リスト

今月から物価が上がった。 買い物のレシートを見る度、消費税の金額を見てため息をつく。まさに消費税は「悪魔の税金」である。値段が高くなったのに、クーポンの割引は半分に削られる。それもこれも、庶民の生活に興味がない為政者が悪い。それでいて、庶民…

「虚妄の学園―仙台育英学園高校・その歪んだ実態」

「スポーツ有名校」が持つ「裏の顔」。 在校生は、これらのことをどれだけ知っているのだろうか? 虚妄の学園―仙台育英学園高校・その歪んだ実態 著者 : 室井助 JICC出版局 発売日 : 1989-03 ブクログでレビューを見る» この本は、東北地方最大の私立高校・…

「『批評』とは何か? 批評家養成ギブス」

「評論」とは、一般人が理解しやすい言葉で語られるべきだと思っている。 だが現状はどうだろうか? (ブレインズ叢書1) 「批評」とは何か? 批評家養成ギブス 著者 : 佐々木敦 メディア総合研究所 発売日 : 2008-12-13 ブクログでレビューを見る» 2000年代の…

「非戦」

あの忌まわしい出来事から10年以上たつというのに、現在は「過去から学ぶ」ことをやめたかのように、同じような出来事を繰り返そうとしている。 非戦 著者 : 坂本龍一 幻冬舎 発売日 : 2001-12-20 ブクログでレビューを見る» 2001年暮れ、チョムスキーのイン…

2015年2月の読書リスト

もうすぐ春ですね。世間様は「ひな祭りだ花見だ」と浮かれるのでしょうが、貧乏人には関係のない世界ですね。 2015年2月の読書メーター 読んだ本の数:3冊 読んだページ数:1303ページ ナイス数:0ナイス ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫) 読了…

「ピケティ特集@週刊ダイヤモンド」 他

格差拡大政策を実施した人間が、何事もなかったかのように「格差問題の弊害」を説く。 まるでマンガである。 週刊ダイヤモンド 2015年 2/14 号 [雑誌]特集1そうだったのか! ピケティ『21世紀の資本』決定版 やっとわかった! 池上彰が直撃『本当に伝えたかっ…

「ピケティ特集@東洋経済」

経済学の理論書これだけ注目を浴びるのは、マルクスの資本論以来なのではないか? 週刊東洋経済 2015年 1/31 号 [雑誌]著者 : 東洋経済新報社発売日 : 2015-01-26ブクログでレビューを見る» 世界中で巻き起こっている「ピケティ旋風」が止まらない。 去年(2…

「ソロモンの偽証 第2部『決意』」

賽は投げられた。裁判の体制も決まり、真相究明に向けて走り始める両陣営。 そして、その過程で明らかになった意外な真相… ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫) 著者 : 宮部みゆき 新潮社 発売日 : 2014-09-27 ブクログでレビューを見る» ソロモン…

2015年1月の読書リスト

とんでもないニュースが飛び込んできた。 今月半ばから「イスラム国」に拘束されていた、フリージャーナリストの後藤健二さん他1名が、イスラム国の兵士によって殺されたというニュースが飛び込んできた。 メディアも政府も、このニュースで右往左往。家族は…

「ソロモンの偽証ー第一部『事件』」

教育現場の体質、歪んだ功名心から正義感を振り回し、どや顔で伝えるメディア、二転三転する情報にいらだつ父兄、そして子どもたちが抱える心の闇…これらの問題は、昔も今も悩ましい問題である。 ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫) 著者 : 宮部み…

「『週刊新潮』はなぜ、読者に読まれるのか」

本書のキャッチフレーズにはこうある。 「本書は、出版社系週刊誌の老舗『週刊新潮』を研究、分析していく本である」 だがこの文面を期待して本書を手に取った読者は、深い失望を味わうことになるだろう。 『週刊新潮』はなぜ、読者に読まれるのか―「編集意…

「憲法主義 条文には書かれていない本質」

気鋭の憲法学者が「国民的アイドルグループ」と憲法について語る。それも、出版元は名うての右派シンクタンクがバックについているところ。これは新手の「改憲」を薦める書籍と思って店頭でパラ見したら、その中で議論されている内容は至極真っ当なものだっ…

2014年12月の読書リスト

私はこのブログの原稿をScrivener(「スクリブナー」と読む)で書き、それをプラウザでブログの管理画面にログインし、原稿をコピー&ペーストし、文字飾りをして記事をアップしている人間である。ブログ専用のテキストエディターもあるようだが、お金がかか…

2014年11月の読書リスト

このブログを開設して以来、はじめて2日連続で投稿できそうだ。奇跡だ。 というわけで、本文。 2014年11月の読書リスト 月刊少女野崎くん 公式ファンブック (ガンガンコミックスONLINE) 読了日:11月5日 著者:椿いづみウィッチクラフトワークス(7) (アフタ…